覚えることが多く、大変な部分もあるがお客様に感謝され、やりがいのある仕事先輩方も優しいし、良い職場 摂津パーツセンター 原田 真梨亜 2013年入社

未経験の業界に飛び込んだ原田さん。入社当初は苦労も多かったようですが、そんな原田さんが日々どのような仕事をしているのか、またその仕事にどのように取り組んでいるのかなど、詳しく聞いてみた。

Vol.02 日々の仕事について

仕事の内容を教えてもらえますか?

私はパーツセンターに所属しています。車の部品を管理する部門です。
トラックにはさまざまな車種があり、それぞれ部品が異なります。ですから、パソコンに車台番号を入力して、お客様やメカニックが欲しがっている部品を検索してリストアップ。パーツセンター内に在庫があるかどうかを確認して、在庫があればその場でお渡し、なければ手配し、後日お渡しするというのが主な業務です。パーツセンター内では、電話やFAXの応対、来客応対を中心に行っています。それから、部品センターから送られてきた部品は、出庫係が格納しますので、その応対や伝票処理も行います。

入社して感じたことは?ギャップはあった?

想像よりもお客様の数が多く、忙しいことですね。
パーツセンター内でメカニックへの部品出庫を担当していた時には感じませんでしたが、部品外販をメインに担当するようになると、1日に何十件もの電話がかかってくる。パーツセンター内ではサービス担当が1人と、部品外販では課長を含めて4人が担当しています。課長は新車の発注も担当されていて仕事量が多いので、なるべく課長には電話を回さないように心掛けています。

部品は点数が多いのでは?

そうですね。摂津パーツセンターで取り扱う部品数は約3,000点です。
いすゞ車は大きく分けて小型トラックの「エルフ」中型トラックの「フォワード」大型トラックの「ギガ」の3種類に分けられます。同じ車種であっても、車台番号や年式によって部品構成が異なります。同じ種類の部品でも、品番が違えば使えないのです。
入社前の会社見学のときにもパーツ数は聞いていましたし、この拠点が忙しいことも説明されてはいたのですが、現場で働くようになって、その数の多さを改めて実感しました。

たくさんの部品のことを覚えるのは大変ではなかった?

大まかな部品の構成を覚えるまでに1年はかかりました(笑)
でも、最初はパーツセンター内でメカニックの方に車検の部品を渡す業務、その後トラックドライバーの方などのお客様を担当する業務へと変わっていったので、覚えやすかったです。最初の1年は、メカニックを相手にお仕事をするので、分からないことは何でも聞くことができましたし、そのように段階を踏めたから余裕をもって部品のことを勉強できたのだと思います。

膨大な部品の情報はどのようにして覚えた?

これは今も続けているのですが、教えてもらったことはその都度ノートに書き留めています。後で見たときにも分かるよう、それをExcelにまとめて、コメントも入れるようにしています。いわば、部品の「虎の巻」ですね(笑)
大変ではありますが、一度聞いたことをまた先輩に聞くのは申し訳ないので。
学生のころから、ノートをまとめるのは嫌いではありませんでした。そこは、今の仕事に活かせているかもしれません。

お客様は厳しい?

そうですね、何度かキツイ物言いをされたことはあります。
この業界には、まだ男社会的なところも残っていますので、女性に対して偏見があるのかな?と感じることも、たまにありますね。私が電話に出ると、部品担当者ではなく事務の女の子だと思われるのか、「男の人に替わって」と言われることもあります。そんなときは悲しくなりますね…。
でもそんな方ばかりじゃありません。もちろん優しいお客様もたくさんいらっしゃいますよ。

職場の雰囲気は?

職場の雰囲気は良いですよ。現場の方々や、先輩、上司も良い方ばかりです。
私は人見知りなんですが、皆さん気を配ってくださいます。
職場に高校の先輩がいるおかげで、入社後職場の雰囲気にもすぐに打ち解けることができました。

この仕事の魅力は?

素早く対応できたときに、お客様に感謝されるところでしょうか。
例えば、トラックはボディも大きいんですが、その分ミラーも大きい。だからミラーを割って、来店されるお客様は多いんです。
トラックドライバーは、一刻も早く目的地に荷物を届けなければなりません。数ある在庫の中から、素早く適合するミラーをお渡しすると、お客様から「助かったわ、ホンマにありがとう!」と感謝の言葉をかけていただける。それがとにかく嬉しいです(笑)
初めは覚えることがいっぱいだし、慣れない環境に緊張もして、楽しむ余裕はありませんでした。今もそんなに余裕はないけれど、最近仕事が楽しいと思うようになりました。たまにニックネームで呼ばれたり、「ありがとう」って言われたりすると嬉しい気持ちになります。

休日の過ごし方は?

お休みの日は、洋画鑑賞が趣味なので、よく映画館に行きます。
あとはショッピングですね。
音楽を聞くのも大好きです。幅広いジャンルの音楽を楽しみたいと思っています。

苦労もあるが、楽しそうにこの仕事の魅力について語ってくれた原田さん。そんな原田さんに未来の自分のこと、これから入ってくる後輩へのメッセージをお聞きしました。

ほかの先輩社員の声

  • 「運ぶを支える」 を日々実感。
  • 入社して終わり ではない。 新たな世界での スタート!
  • トラックは物流を 支える車です。